情報化社会が進んで、

IT業界の需要は高まり、IT関連の職業に進めば将来が安心だと言われていますが、そもそもパソコン用語で良く耳にする「IT」とはいったい何なのでしょうか? ITとはInformation Technologyの略で、情報技術のことを総じていいます。決してE.T.ではありません。



おもにパソコンやコンピュータ、データやソフト、通信などの技術に関することをまとめてひとくくりにした言葉で、データベースの管理もIT、ソフトウエアの開発もIT、コンピュータの開発もITなのです。
その中でもとくに一般的にITを指し示すのは、インターネットやコンピュータを利用して業務の効率化や収益、生活に役立てるものをITと呼びます。
IT業界と 一言でいっても非常に幅広い業界なのです。

しかし、逆に言えばどのような会社でも必ずパソコンが導入されており、パソコンやオフィスで企画書やデータの作成をおこなう管理者はいます。
こういった人々も広くいえばIT関連の仕事についているといえます。
パソコンがこれほどまでに企業に浸透し、今やなくてはならない存在となっていますし、一般家庭や一般の消費者にも広く使われるツールとなっていますので、今後の将来にこうしたIT関連のスペシャリストは非常に欠かせない存在ですし、IT業界に就職をすればこの不況と呼ばれる世の中でも、間違いなく長い間安定して生活をしていけるのではないでしょうか。